化学プロセス産業向けタンタル・ニオブ製品

特性として耐食性、耐久性、加工性、熱伝導性を備えたタンタルは、化学産業における難易度の高い用途に理想的です。エイチ・シー・スタルクが提供するタンタル材は、熱交換器、タワーなど腐食性流体にさらされる各種コンポーネントに使用されています。

エイチ・シー・スタルクは耐食性の専門家として、難易度の高い化学プロセスに、優れた耐食性を保持したタンタル層をお客様に提供するという構想の下、重点的で費用対効果の高いアプローチを提案することが可能です。

エイチ・シー・スタルクのタンタルは、高濃度の高温塩酸(HCl)および硫酸(H2SO4 )の化学環境に優れた性能をもたらします。強度と耐食性に優れたタンタルは、熱交換器をはじめ化学装置の製造および修理に理想的です。

一般的な耐食用途
  • ポリカーボネート
  • シリコーン-塩化メチル
  • TDIおよびMDI
  • ニトロベンゼン
  • 臭素
  • ビスフェノール
  • 酸洗
  • 製薬
エイチ・シー・スタルクのタンタルを使用した化学装置
  • 熱交換器
  • タワー、圧力容器、反応器
  • その他
タンタル材の利点
  • 装置寿命の延長によるダウンタイム削減
  • より生産性の高いプロセスが可能(高温化での動作)
  • メンテナンス費用の削減
  • 装置の安全性
提供中のタンタル材形状

-タンタル溶接管-タンタル板、シート、箔
-タンタル棒
-タンタルガラス圧力容器修理キット
-タンタル製るつぼ
-タンタル形状/サイズのカスタマイズ

タンタル材の寸法

箔:
厚さ0.001”~0.006”、最大幅12”
シート:
厚さ0.006”~0.1875”、最大幅40”
板:
厚さ0.1875”~1”、幅共通
溶接管:
壁0.015”~0.035”×直径½”~2”

すべての材料について板、棒、ワイヤ、お客様の仕様に合わせた特殊サイズ。

機械的特性(設計最小)

温度(摂氏)降服強度
0.2%オフセットKSI
引張強度
(KSI)
伸張度、%
(インチ)
21.1
20
30
20
98.8
14.5
29
15
198.8
11.6
25.4
10
248.8
10.1
23.2
-

金属(冶金後)特性

材料は単相タンタル。ストレスリリーフ815.5°C、再結晶1037.7°C。

タンタルの物理的特性
原子番号
73
原子重量
180.95
密度
16.6 g/cm3
融点
3017°C
膨張係数(20°~500°C)
3.6 × 10-6°F
比熱(100°C)
0.0336 BTU/Lb°F
熱伝導性(20°~100°)
32 BTU/Hr-Ft°F
電気抵抗率(0°~100°)
14.7 Microhm-cm
熱中性子吸収断面積
21.3 Barns/Atom
20°Cでの一般的な最高引張強度
35~45 KPSI
20°Cでの一般的な降服強度
20~30 KPSI
弾性係数
27 × 106 PSI
硬度(代表値)
80~120HV
Rockwell B
25~65

タンタルおよびタンタル合金製品:

サイズはタンタルの製品データシートをご覧ください。

PD-7033 NRC Ultra 76 Tantalum Alloy (Ta 2.5%W)
PD-7035 NRC Tantalum (UNS R05200)
PD-7036 NRC Tantalum Beam Melted Tantalum (ETA) (UNS R05200)


製品の詳細は英語のカタログ、またはデータシートからご覧ください。– こちらをクリックして下さい