積層造形

エイチ・シー・スタルクは工業用メタルのタングステン、モリブデン、タンタル、ニオブ、ファインセラミックスを供給するリーディングサプライヤで、治金技術と加工技術の専門知識を長い間培ってきました。

積層造形(3Dプリンティング)は、複雑な幾何構造と高い安定性で軽量コンポーネント製造を可能にする未来の技術と認識されています。

  3d_collimator_web.jpg
3Dコリメータ
これにより、3次元の物体の作成を設計できるようになり、その結果、カスタムメイドのコンポーネントの製造や、従来の技術では不可能だった構造要素を形にするという、まったく新しい手法が実現します。

エイチ・シー・スタルクは 以下のような積層造形の加工処理に求められる特別な要求を満たします。

  • 粉末焼結積層造形法(SLS)
  • 粉末溶解融積層造形法(SLM)
  • 電子ビーム積層造形法(EBM)
  • 金属粉噴射形法(DMD)
  • ラピッドプロトタイピング(RP)
  • ラピッドマニュファクチュアリング(RM)
  • 3Dプリンティング(3DP)

エイチ・シー・スタルクは工業用メタルと積層造形を利用した革新的な完成製品を開発しています。2014年にはRapid Prototype and Manufacturing(rp+m)と、積層造形ツールを利用した新しい材料、生産プロセス、製品の共同開発をすることに合意しました。

一例として、積層造形を利用することにより、医療画像装置用の単体モリブデンまたはタングステンコンポーネントをより効率的に、かつ正確に製造することが可能になります。また、積層造形はプロトタイプ製品を迅速に開発することを可能とし、またそれは生産レベルにも及びます。

積層造形は、従来の製造方法よりも、製品の設計とサンプル作成の時間を大幅に短縮することが可能です。モリブデンまたはタングステンから作られた単体のコンポーネントを、従来の製造プロセスを得ずに製造することが可能です。また、積層造形技術によりプレスや粉末の焼結、圧延、コンポーネントの機械加工やアッセンブリなどの生産プロセスが削減され、お客様にシームレスに製品を届けることが可能になります。

3Dプリンティング法によるコンポーネントは、3次元モデルから3次元単体を製造することができます。この、エイチ・シー・スタルクの製品群は、CT装置やSPECT、ガンマカメラ用の無鉛コリメータや散乱防止用グリッドの3D製品にまで拡大することが可能です。

お取引のご相談、製品についての詳細は、こちらまでお問い合わせください。