企業としての行動規範

エイチ・シー・スタルクが成功している理由は数多くあります。エイチ・シー・スタルクでは全従業員に能力だけでなく、高い責任意識も求めています。利害関係者全員の利益のために企業の価値を高め、より高い付加価値を達成することが私たちの目標です。

 
codex.jpg

この目標は法令指針、社会的責任、リスポンシブルケア、持続可能な環境保護、生産および製品の安全性、高い生産性、最適な経済効率、顧客指向などの一般的枠組みに組み込まれています。世界的に操業する企業として、エイチ・シー・スタルクは市民による審査を受け、つねに法令を遵守すべき立場にあります。エイチ・シー・スタルクは良好なイメージを保持および促進するために努力しています。

エイチ・シー・スタルクの事業は各国および各地域の法体系、ドイツとその他の国々の本社・支社・子会社・関連会社および従業員が尊重すべき共存のルールと倫理基準に沿って運営されています。義務を認識し遂行することは必ずしも容易ではありませんが、必要不可欠であると考えています。

現行の行動規範では、特に責任が重視されており、何かが疑わしいと感じた従業員は相談するよう奨励されています。その際、相談に応じる管理者または専門部署が設けられています。これが特に必要とされるのは、弱者になりうる人、有害な脅威にさられる可能性のある人、危険な状況に直面している可能性のある人、法的状況が不明瞭な状況に気づいた場合です。