責任あるサプライチェーン管理

エイチ・シー・スタルクは厳格な購入ガイドラインに従って世界各国で操業し、紛争と関わらない産出地から入手した原材料のみを取り扱っています。社内の責任あるサプライチェーン管理により、紛争と関わらない産出地から調達した一次原材料を利用することが保証されています。

  erzmuster.jpg
鉱石のサンプル

エイチ・シー・スタルクは環境に優しく社会的責任のある、紛争と関わらない事業を実践しているサプライヤのみから原材料を購入しています。

エイチ・シー・スタルクのサプライヤ監査は、原材料産出地の追跡と文書検証に利用されるRSCMの中核を占めています。エイチ・シー・スタルクは提出された妥当性確認書の妥当性検査で包括的データを活用し、また使用済み原材料の産出地判断の長年の経験を生かし、この監査プロセスに合格可能なサプライヤのみと連携します。

独立監査機関による認定–業界初

ISO 9001、ISO 14001、SA 8000などの国際規格以外にも、RSCMを通じて、原材料購入に求められるトレーサビリティ、透明性、広範な倫理的、社会的、環境的観点から配慮された原理原則の遵守について考慮しています。また、RSCMシステムに対する広範な監査と、このシステムが世界各国で実践されていることの認定を、独立監査機関(ビューローベリタス)に委託しました。エイチ・シー・スタルクのRSCMは業界でも独自の活動で、高い基準を設けていると国際的に認識されています。