法令遵守と原材料調達

エイチ・シー・スタルクには、原材料調達戦略の基盤となる2つの原則があります。リサイクル活動を継続的に拡大すること、環境的社会的に健全な事業を実践しているサプライヤのみから原材料を購入することです。

 
hc_starck_compliance_200.jpg

責任あるサプライチェーン管理システム(RSCM)で定められた全世界共通の厳格な調達ガイドラインに従い、環境保護、職業的安全、社会的責任に関わる厳しい要求事項を遵守しているサプライヤのみから原材料を購入することを保証します。

エイチ・シー・スタルクは、電子業界行動規範(EICC)および経済協力開発機関(OECD)によって提示された規定に最大の注意を払っています。資源および輸入割当不足や価格変動が生じた場合でも、このスタンスは変わりません。

2015年、紛争と関わらない製錬プログラム(CFSP)の一環として、EICCとグローバルe-サステナビリティ構想(GeSI)が任命した第三者監査機関による独立監査の後、エイチ・シー・スタルクのタンタルのサプライチェーンが「紛争鉱石」の対象外である旨がふたたび宣言されました。